知っておきたい!
ヒト幹細胞培養液の秘密

ヒト幹細胞とは

再生医療の現場や美容業界で注目されている幹細胞です。

体の細胞は、基本的に自分と同じ細胞に分裂することはできますが、別の細胞に変身することはできません。

しかし、幹細胞はどんな細胞にも変化することができる「分化能」と自分自身のコピーを作ることができる「自己複製機能」の2つの特徴を持っています。

生物は細胞の集合体によって構成され、細胞は絶えることなく古いものから新しいものへと入れ替わります。

この入れ替わる仕組みのことをターンオーバーと呼びます。

肌のターンオーバーには、周期があり一般的に20代だと約28日かかると言われています。

年齢を重ねるごとに、この周期は延びていき、30代~40代だと約45日ほどの日数が必要になります。

老化すると、シミやたるみ・くすみができやすくなってしまいます。

これは、肌の幹細胞の数が減り、細胞を再生・修復・増殖させる働きが衰える為、ターンオーバーの速度が低下し、新しい皮膚に生まれ変わる速度が遅くなるからなのです。

ヒト幹細胞はターンオーバー、つまりは肌の生まれ変わりを手伝い、細胞を活性化させる為、再生医療の現場や美容業界で多く注目されています。


幹細胞は大きく分けて3種類あります。

1.植物由来

代表的なものだと「リンゴ幹細胞」や「アルガン幹細胞」などがあります。

植物の幹細胞を取り出して人工培養で増やし、その細胞から抽出したエキスのことを植物幹細胞培養液と呼びます。

植物幹細胞の一番の特徴は、高い抗酸化作用と保湿効果です。


2.動物由来

美容成分で有名なプラセンタもその一つ。

コスメには、ヒトの幹細胞に最も近いといわれる羊由来の幹細胞培養液が使用されていることが多いです。


3.ヒト由来

ヒト細胞由来の幹細胞コスメは、この3種類の中で1番肌馴染みがよく、効果や安全が高いと言われています。

栄養が豊富に含まれている成長因子が、細胞に働きかけ活性化することで高いエイジングケアが期待できます。

肌内部のヒアルロン酸やコラーゲンなどの生成をサポートする作用があります。


ヒト幹細胞コスメとは

幹細胞コスメとは幹細胞を培養した際の上澄み液を配合した化粧品のことです。

今まで、医療現場で行われる先端医療において、幹細胞を使用した深刻な病の治療や美容医療での治療でも上澄み液は処分されていました。


しかし、この上澄み液にも幹細胞と同じような細胞伝達物質が含まれ、幹細胞と同等の効果が認められました。

そこで、美容業界はこの上澄み液を『ヒト幹細胞培養液』とし、化粧品の原料に使用されることとなりました。

再生医療技術を基に誕生した、「幹細胞コスメ」は、最高峰のエイジングスキンケア*なのです。

(*年齢に応じたお手入れ)


幹細胞コスメ選びで気をつけること!


1.ヒト幹細胞そのものが入っていると表記があるコスメには要注意

ヒト幹細胞については、厚生労働省の定める「生物由来原料基準」という規制の下、厳しいルールが適用されます。

ですので、化粧品やエステの医療以外のヒト幹細胞の使用はできないことになっています。

あくまでも、ヒト幹細胞コスメに配合されているのは幹細胞の培養液や培養液エキスです。

「ヒト幹細胞が含まれている」「ヒト幹細胞を配合した」など、「ヒト幹細胞」そのものが入っていると表記のあるコスメには注意し、純度や濃度をよく確認してコスメを選んでみてください。


2.何由来のものか

幹細胞にはお話した通り3種類のものが存在します。

ヒト由来の幹細胞コスメが、1番肌馴染みがよく、効果や安全が高いと言われています。

また、ヒト由来でも、脂肪・神経・臍帯・脊髄など、様々なヒト幹細胞培養液が存在します。

コスメに使用されるヒト幹細胞培養液は脂肪細胞由来、臍帯由来のものがほとんどですが、なに由来かもチェックしておくと良いでしょう。


donner(ドネ)のヒト幹細胞培養液


donner(ドネ)のヒト幹細胞美容液は配合濃度と配合純度にこだわり、純度100%のヒト幹細胞培養液 FD(フリーズドライ)製法使用『Perfectin®-H』を高配合しています。

化粧品のパッケージなどには必ず「全成分表示」というものを記載しなければならないという法律に沿ったルールがあり、製品における配合量の多い順に記載します。

高濃度」をうたい文句に販売されているヒト幹細胞コスメのほとんどが、成分表の1番前にヒト幹細胞培養液ではなく、「」が記載されています。

今お使いの美容液、実は全く効果がないかもしれません。


それでは、ドネの成分表を見てみましょう。


「ヒト脂肪間質細胞純化培養液」が1番最初に表記されています。

これは誰でも簡単にわかる高配合の証なのです。

また、donner(ドネ)ヒト幹細胞培養液は、200種類以上の幹細胞分泌因子成分や500種類以上の美容成分、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが含まれています。

各分泌成分が天然の割合で共存し、単一の成分及び人工的に調合したのもに比べ、最高のエイジングケア*が期待できます。(※年齢に応じたお手入れ)


ヒト幹細胞培養液に含まれている主な成長因子


・FGF(線維芽細胞成長因子)

真皮幹細胞に線維芽細胞の増殖を促すことで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、SOD(抗酸化酵素)などを増やし、肌にハリや弾力を与え、シワやたるみを改善します。

・KGF(表皮細胞増殖因子)

毛母細胞の分化と増殖を促進する。

・VEGF(血管新生因子)

新しい血管を形成するために大きな役割を果たします。

・IGF(インスリン様成長因子)

破損している細胞の再生をサポートします。

新しい皮膚を再生してコラーゲンやエラスチン。ヒアルロン酸の生成を促進させます。それにより、シワの解消、ハリや弾力を再生します。



 


また、2018年11月に厚生労働省より「特定細胞加工物製造認定証」を得ており、安心・安全にお使いいただけるよう様々な検査や試験を通過しています。


他にはないdonner(ドネ)の純度100%のヒト幹細胞培養液配合美容液で今までにないうるツヤ美肌を体感してください。


ご購入はこちら

ドネ美容液イメージ写真

商品名:donnerドネ SC エイジングセラム30 美容液

価格:12,980円(税込)

商品説明

【内容量】30ml
【全成分】ヒト脂肪間質細胞順化培養液、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ベタイン、グリコシルトレハロース、水、フラーレン、α‐アルブチン、パルミチン酸レチノール、リン酸アスコルビルMg、ナイアシンアミド、プラセンタエキス、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、スクワラン、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、加水分解コラーゲン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、アルギニン、フィトスフィンゴシン、コレステロール、加水分解水添デンプン、コーン油、トコフェロール、カルボマー、フェノキシエタノール、PVP、キサンタンガム、PEG-60水添マシ油、PPG-4セテスー20、ラウロイルラクチレートNa、香料、ダマスクバラ花油
【使用方法】適量を手に取り、お肌に優しくなじませてください。
【ご使用上の注意】
お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
⑴使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

ドネ美容液ロゴ
インスタグラムロゴ
ドネ美容液公式ラインアカウントはコチラ ドネ美容液公式インスタグラムアカウントはコチラ

Copyright ©donner All Rights Reserved.